実写映画「世界から猫が消えたなら」の原作小説をKindleで読む #せか猫

f:id:stack202:20180213233147j:plain

川村元気による「世界から猫が消えたなら」の実写映画に関する情報、原作小説の情報をまとめます。

作品紹介

電話、映画、時計、そして、猫!? 大切なものを一つ消すことひきかえに、一日の命をもらえるとしたら?

主人公は30歳の郵便配達員。藍猫キャベツとふたりぐらし。 母を病気で亡くしてから、実家の父とは疎遠になってしまいました。恋人はいません。別れてしまった彼女のことを、まだ想い続けています。趣味は映画鑑賞。友だちは映画マニアの親友が一人だけ。

そんな彼が、ある日突然、余命わずかの宣告を受けてしまいます。脳に悪性の腫瘍ができていたのです。ショックで呆然とする彼の前に、とつぜん、自分と同じ姿をした悪魔が現れて言いました。 「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」…。悪魔のささやきに乗せられた主人公は、次々とものを消していきます。 電話、映画、時計、そして、猫。 ところが、何かを消すと、大切な人たちとの思い出も一緒に消えてしまうことになり…。これは余命わずかの彼に起こった、せつなくもやさしい「愛」の物語です。

スタッフ

原作:川村元気
監督:永井聡
脚本:岡田惠和
音楽:小林武史
主題歌:HARUHI「ひずみ」
撮影:阿藤正一
衣装:荒木里江

キャスト

僕 / 悪魔(2役):佐藤健
彼女:宮崎あおい
ツタヤ:濱田岳
トムさん:奥野瑛太
ミカ:石井杏奈
父さん:奥田瑛二
母さん:原田美枝子

放送情報

2016年5月14日公開

原作小説

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

僕は生きるために、消すことを決めた。 今日もし突然、 チョコレートが消えたなら電話が消えたなら 映画が消えたなら 時計が消えたなら 猫が消えたら

そして

僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか 30歳郵便配達員。余命あとわずか。 陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。 僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。 失うことで、大切さが分かる。 感動的、人生哲学エンタテインメント。

世界からボクが消えたなら ~映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語~

世界からボクが消えたなら ?映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語?

世界からボクが消えたなら ?映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語?

余命わずかと宣告されたご主人さまは、自分と同じ姿をした悪魔と取引をした。「この世界からモノを一つ消す。そのかわりに、キミの命を一日ぶんだけ延ばす」と。電話、映画、時計……。モノが消えていくたびに、ご主人さまと結びついていた人の記憶までが失われていくようだ。そして悪魔は、世界から猫を消すと提案する。ボクのことなんて消してしまっていいんだよ、ご主人さま……。最後に、飼い主が選択した決断とは!? 感涙のベストセラー原作の映画『世界から猫が消えたなら』を、主人公の飼い猫であるキャベツの視点で描いた、感動の物語。

コミック

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら 1 (花とゆめコミックス)

世界から猫が消えたなら 1 (花とゆめコミックス)

成瀬時生、新聞配達員。平凡な日々を送る彼が受けた余命宣告。絶望を抱えた彼の前に現れたのは、なんと自分とうり二つの“悪魔”だった。悪魔は提案する。「世界から何かを消せば一日命を延ばす」と…。2013年本屋大賞ノミネートの大人気作が遂にマンガ化!読めば必ず心に何かが残る待望の第1巻!!

世界から猫が消えたなら 2 (花とゆめコミックス)

世界から猫が消えたなら 2 (花とゆめコミックス)

一日を生きるために何かを一つ消さなければならない時生。そんな彼に悪魔は“花”を消すことを求めてくる。今まで花など贈った事がなかった時生だったが、これが“最後”となった時、様々な想いが駆け巡る…。淀川との恋、亡き母への想い、飼い猫キャベツへの愛情、読めばきっと心に何かが残る最新刊。

世界から猫が消えたなら 3 (花とゆめコミックス)

世界から猫が消えたなら 3 (花とゆめコミックス)

世界から何かを一つ消すことで、一日の命を得る事ができる時生。次に悪魔に提案されたのは“音楽”。そんな中、なぜか悪魔とキャベツの3人でキャンプする事になった時生は思わぬ人物と再会する事に…。そして淀川との関係にも大きな変化が…!? 失ってしまうからこそ素敵なものを得る事が出来る第3巻!!

世界から猫が消えたなら 4 (花とゆめコミックス)

世界から猫が消えたなら 4 (花とゆめコミックス)

“時計”が消される事で時計屋を営んでいた父を思い出す時生。仲たがいをしてしまった父への想いをめぐらす中で、母がずっと家族で過ごす幸せの時間を願って いた事に気が付く。そんな中、残酷なまでの悪魔の提案が!? 「世界から猫を消しましょう」…時生の決断は!? 読んで泣けて考える最終巻!!