ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」の原作コミックをKindleで読む #早子先生 #木10

f:id:stack202:20180227223217j:plain

ブログで連載され、イースト・プレスから書籍化された立木早子による「早子先生、結婚するって本当ですか?」のドラマに関する情報、原作コミックの情報をまとめます。

作品紹介

主人公の早子は、性格はマイペースでサバサバ。周囲の意見にきちんと耳を貸しますが、最後は自分なりの答えを出す芯のある性格で、子供たちの前では、おおらかな心の広い先生…と、一見突っ込みどころのない女性のように見えます。
が、実は、食べることが大好きで酒豪な体育会系。趣味は筋トレ、子供たちにせがまれると、全然似てもいない“イナバウアー”を自信満々に披露したりするかわいらしさも併せ持つ、どこか憎めない天真爛漫な三枚目キャラ。恋愛に関しても無頓着なタイプで、結婚に対して「好きな人と、いつかはしたい」という思いはあるものの、積極的に結婚に向け、何かをしているわけでもなく、焦っているわけでもなく…。
子供の頃、大人になればいつかは結婚すると思っていた早子。しかし、気づけば34歳。実家暮らしで両親とは仲が良く、学校へ行けばかわいい生徒たちに囲まれてそれなりに幸せ。なのに時々ふとさみしくなるのはなぜだろう? そんな思いを抱えたまま、普通だった日常にちょっとした変化が訪れ始めます。早子の結婚に興味ないそぶりを見せていた両親が、居間の引き出しにお見合い写真を隠しているのを、ある日見つけてしまうのです。
そんな中、父が倒れ入院。命に別状はないものの、早子は実家の豆腐店をたたむことを両親に提案します。しかしあくる日の早朝、早子が目にしたのは、父親のいない店先で、慣れない手つきで豆腐の仕込みをしている母の姿でした。
長年寄り添い、信頼し合い固い絆で結ばれた夫婦の形を目の当たりにし、いよいよ結婚を本気で考え始める早子は、同僚の女性教諭3人と「婚活同盟」を結成。独身の先輩男性教諭もその同盟に参加し、慣れないながらも「お見合い」「合コン」「年下との恋の予感」など、「結婚」に向けて一歩を踏み出し、奮闘していきます。

スタッフ

原作:立木早子
脚本:水橋文美江
音楽:オリジナルサウンドトラック
主題歌:chay「それでしあわせ」
劇中歌:山下達郎&竹内まりや「Let It Be Me」
編成企画:小原一隆
プロデュース:橋本芙美、柳川由起子
演出:中江功、佐藤源太、山内大典
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

キャスト

立木早子:松下奈緒
久我山ミカ:貫地谷しほり
成増梅子:佐藤仁美
羽村 舞:舞羽美海
港 草介:間宮祥太朗
守山風子:川栄李奈
秋川莉々:小芝風花
神田和夫:田野倉雄太
千駄木廉太郎:八嶋智人
本郷潤吉:山内圭哉
立木辰志:尾藤イサオ
立木尚子:松坂慶子

放送情報

フジテレビ:4/21(木) 22時00分〜

原作コミック

早子先生、婚活の時間です

早子先生、婚活の時間です

早子先生、婚活の時間です

思わずほっこり婚活エッセイコミック!早子先生は、妙齢独身の小学校の先生。 特別結婚を意識したことはないけれど、周りの友だちがどんどん結婚していくと、「このままひとりで生きて行くのかな?」なんてちょっぴり不安になる毎日。 そんなある日、早子先生は周りの独身女性たちと「婚活同盟」を結成!一念発起で婚活を始めることになりました。 しかし、いつでもどこでもマイペースな早子先生。さてさて成就なるのかな!?

早子先生、結婚はまだですか?

早子先生、結婚はまだですか?

早子先生、結婚はまだですか?

小学校教員の早子先生は、教員仲間4人で「婚活同盟」を結びます。これは前向き&機能的に婚活しましょう!という仲間のミカ先生の提案から始まりました。そんな活動が実を結び、ひとりがめでたく婚活卒業。他のメンバーも同盟を結んでから落ち込んだりすることが少なくなりました。ま、とはいえ、早子先生はいつでもどこでもマイペース。結婚はする時にはするでしょう!というスタンスながら、色々な人との出会いを楽しみに過ごす毎日です。さてさて、今回婚活卒業するのは誰でしょうか?ま、まさか早子先生?

早子先生、結婚するって本当ですか?

早子先生、結婚するって本当ですか? (コミックエッセイの森)

早子先生、結婚するって本当ですか? (コミックエッセイの森)

その「幸せ」に気づけたのは、婚活があったから。立木早子、教員。独身。ただ「好きな人」と結婚したい。それだけです。小学校の教師、早子先生は3人の仲間と「婚活同盟」を結び、のんびりと婚活中。なかなかご縁に恵まれないけど特に焦ることなく、婚活を楽しみ、仕事に精を出す毎日。そうこうしているうちに、仲間たちが順繰りと結婚していき、残すところ早子先生とミカ先生の2人だけ。「このまま独身なのかな?」と不安になることもあるけれど、とにかく前に進まなきゃ、と今日も結婚相談所に向かいます。