アニメ「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」の原作小説をKindleで読む #kanoneko

f:id:stack202:20180207115714j:plain

新海誠による自主制作アニメーション作品「彼女と彼女の猫」のアニメに関する情報、原作小説の情報をまとめます。

作品紹介

ある夏の一番暑い日、彼女と、彼女の飼い猫である"僕"の暮らしが始まった。 彼女は、通っている短大の卒業を控え、就職活動に追われる毎日を送っている。 いつも頑張っている彼女にとって、"僕"と過ごす時間は、互いにひと時の安らぎを感じられる、とても大切なものだった。

しかし、家族のことや、友達のこと、将来のこと… いろいろなことがうまくいかず、彼女は次第に傷つき、立ち止まってしまいそうになる。

それでも彼女は、背筋を伸ばし、今日も扉を開けて外の世界へと踏み出していく。 そんな大好きな彼女のことを、"僕"はいつまでも見守っていきたいと思っていた。

スタッフ

原作:新海誠
監督:坂本一也
脚本:永川成基
キャラクターデザイン・総作画監督:海島千本
美術監督:田中孝典
撮影監督:高橋昭裕
編集:グッドジョブ
音響監督:鶴岡陽太
音響製作:楽音舎
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:ライデンフィルム京都スタジオ
製作:彼女と彼女の猫EF製作委員会

キャスト

彼女:花澤香菜
黒猫:浅沼晋太郎
友人:矢作紗友里
母親:平松晶子

放送情報

2016年3月より

原作小説

彼女と彼女の猫

彼女と彼女の猫

彼女と彼女の猫

新海誠の幻のデビュー作が小説となって息を吹き返す!
アニメとは異なる視点で描いたもうひとつの『彼女と彼女の猫』。
都会で一人暮らしをする女性が、ある日偶然猫を拾った。
自分の感情を言葉にするのが苦手な彼女と、彼女の不器用さをそばで見守る猫。
友人との言葉の掛け違いを境に、彼女の日常から笑顔がなくなっていく。
拾われた猫たちを軸に描かれる、四つの連作短編。

「彼女はいつでも誰よりも優しくて、誰よりもきれいで、誰よりも懸命に生きている」(本文より)

《目次》
第1話 ことばの海
第2話 はじまりの花
第3話 まどろみと空
第4話 せかいの体温

コミック

彼女と彼女の猫

彼女と彼女の猫 (アフタヌーンコミックス)

彼女と彼女の猫 (アフタヌーンコミックス)

「季節は春のはじめ、その日は雨だった。僕は彼女に拾われた」……春に出会ったひとり暮らしの彼女と猫。彼女はひとりで暮らすことで世界にひとりで立つことを知り、チョビと名付けられた猫は彼女に拾われて世界とつながる。一人と一匹の時間はゆっくり流れるが、世界の厳しさは彼女に追いついて……。アニメーション監督の新海誠氏のデビュー作を新鋭がコミカライズ。