アニメ「灰と幻想のグリムガル」の原作ライトノベルをKindleで読む #グリムガル

f:id:stack202:20180207220145j:plain

「オーバーラップ文庫」で連載中、十文字青による「灰と幻想のグリムガル」のアニメに関する情報、声優の情報、原作ライトノベルの情報をまとめます。

作品紹介

おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?
ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま…… これは、灰の中から生まれる冒険譚。

スタッフ

原作:十文字青
原作イラスト:白井鋭利
監督・脚本:中村亮介
キャラクターデザイン:細居美恵子
助監督:柴山智隆
キーアニメーター:浅賀和行、馬場健
美術監督:金子英俊
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:五十嵐慎一
編集:肥田文
音楽制作:東宝
音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
制作:A-1 Pictures

キャスト

ハルヒロ:細谷佳正
ユメ:小松未可子
シホル:照井春佳
ランタ:吉野裕行
モグゾー:落合福嗣
マナト:島崎信長
メリイ:安済知佳
レンジ:関智一
キッカワ:浪川大輔
ブリトニー:安元洋貴
バルバラ:能登麻美子
アダチ:野島健児
ロン:杉田智和
サッサ:古木のぞみ
ホーネン:中田譲治
シノハラ:高橋広樹
ハヤシ: 木内秀信

放送情報

2016年1月より

原作ライトノベル

灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?
ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……
これは、灰の中から生まれる冒険譚。

……見捨てるなんて、できない。というか、見捨てるべきじゃない、と思う。  見知らぬ世界「グリムガル」へと連れて来られたハルヒロたちは経験を積んでようやく半人前から抜けだそうとしていた。 ステップアップのために新たなダンジョン「サイリン鉱山」へと挑むのだが、そこはパーティに加わったメリイが過 去に仲間を失った場所でもあった。 順調にいくかと思われたハルヒロたちの探索だったが、予期せぬ仲間との別行動を強いられ、更にデッドスポットという異名を持つ巨大なコボルドが襲いかかる。 新たな試練とともに、灰の中から生まれる冒険譚の第二章が紡がれる!

チョコって、もしかしてあのチョコ……? 思わぬ活躍で有名になったハルヒロと仲間たち。自信を付けた仲間たちと、悩み続けるハルヒロのもとに後輩となる義勇兵達が現れる。そこにはハルヒロの記憶に残る名前を持った少女もいた。 そんななか、オルタナの街はオークたちの居座るデッドヘッド監視砦の奪還に向けて動き出していた。報奨金目当てに作戦参加を決めたハルヒロたちは、レンジやチョコたちと共に初の大規模戦闘(RAID)を戦うことになる。 灰の中から生まれた冒険譚は、いま大きな節目を迎える!

灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち (オーバーラップ文庫)

「驚かすなって、モグゾー」「ごめん、ごめん」 モグゾーは、あはは、と笑って頭を掻いた。でも、ものすごい血だ。血まみれで、表情もよくわからない。だけどまあ、なんとか平気そうだ。  大きな戦いを乗り越えたハルヒロたちだが、助けられなかった仲間もいて、喜んでばかりもいられなかった。そんな中、予想外の活躍をしたことで、他のチームから引き抜きの誘いを受けるメンバーも。リーダーとして悩むハルヒロは、改めて自分たちがどうしたいのかという想いと向き合ってゆく。  灰の中から生まれた冒険譚は、いま新たなステージを迎える!

灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ (オーバーラップ文庫)

「……で、これ、何だと思う?」  ワンダーホールに来てから数ヶ月。 ハルヒロたちは少しずつ、だが着実に実力をつけて迷宮を攻略していた。 そんな時、探索中に見たことのない「穴」を見つける。 前回……たしか三日前にこの場所を通りかかったときはなかった穴。 それは未発見の新エリアかも知れず、一番乗りしたパーティには大きな利益がもたらされる。 踏み込むかどうか迷うハルヒロだったが、変わり者が多いが実力はあると評判のチームトキムネが現れ、合同での探索を提案される。  灰の中から生まれた冒険譚は、新たな出会いと共に続いていく。

灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって (オーバーラップ文庫)

「目標はもう決まったわけだろ? それなのに、帰るってどういうこと?」 ハルヒロたちとトッキーズが発見した「黄昏世界」は新たな狩場として注目を集めていた。ハルヒロたちも、以前は逃げるしかできなかった白い巨人を撃退し、安定した稼ぎを得られるまでになっていた。しかし、あるクランの行動がきっかけで「黄昏世界」の危険度が跳ね上がってしまう。そんななか、以前に加入した「暁連隊」のリーダーであるソウマと再会したハルヒロたちは、なし崩しに複数のクランが参加する、大規模なミッションに加わることになる。 精強な義勇兵たちと共に戦うことで、ハルヒロは何を見て、何を思うのか――

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹 (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹 (オーバーラップ文庫)

『黄昏世界』から脱出したハルヒロたちは、グリムガルとも異なる『太陽の昇らない世界』にへと足を踏み入れた。なんの情報もないまま、それでも仲間を率いるハルヒロ。幸いなことに、異界の住民たちが住み着く村を発見し、ひとまずの安全を確保できたものの、過酷な環境に問題は山積みだった。更に最も必要とする「グリムガルに帰る方法」はまだ手がかりさえも見つからない。 自分たちは帰ることができるのか、そして時たま頭をよぎる本当に『帰る』場所は違うところなのでは、という感覚。様々な想いを胸に抱きつつ、ハルヒロたちは、異界の探索を進めていく。灰の中をさまよい、行き着く先には――

灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ (オーバーラップ文庫)

灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ (オーバーラップ文庫)

幾多の危機を越えグリムガルへの帰還を果たしたハルヒロたち。しかし、戻ってきたとはいえ、出口の先は人間族の勢力圏から遠く離れた土地だった。偵察に出たハルヒロとユメは、幸運にもクラン「暁連隊(DAYBREAKERS)」に所属する“颱風(タイフーン)”ロックスたちと出会う。だが彼らはある目的のため、オークや不死族の集団と戦っており、ハルヒロたちも、更には残っていたランタとメリイ、クザクとシホルの4人も別々に行動し、戦闘に巻き込まれてしまう。 ようやく戻ってきた世界でも、待っていたのは仲間と更なる出会いと戦いだった。灰が舞い、幻想を越えた先に何が待つのか、いまはまだ誰も知らない。

コミック

灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

灰と幻想のグリムガル 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: 十文字青(オーバーラップ文庫刊),奥橋睦,白井鋭利
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

「おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?」気が付くとそこは、モンスターが跋扈する「ゲームのような」世界・グリムガル。気弱でフツーな冴えない少年・ハルヒロは、この世界「グリムガル」を生き抜くため仲間たちとパーティを組み、義勇兵見習いとしてへの一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……。幻想は無く、伝説も無い――。「等身大」の冒険譚、本格コミカライズ!

灰と幻想のグリムガル 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

灰と幻想のグリムガル 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: 十文字青(オーバーラップ文庫刊),奥橋睦,白井鋭利
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

ゴブリンを狩り、日銭を稼ぎ、見知らぬ世界「グリムガル」を懸命に生き抜くハルヒロたち。義勇兵見習いとして、少しずつだが確実に経験値を稼ぐ中、パーティのリーダー・マナトがゴブリンの凶刃に倒れてしまう…。情け容赦ない現実を前に、ハルヒロは何を思う――。新たな仲間に冷血美少女・メリイを加え、「等身大」の冒険譚は波乱の展開を迎える!