アニメ「亜人」の原作コミックをKindleで読む #亜人計画

f:id:stack202:20180305225854j:plain

講談社「good!アフタヌーン」で連載中、桜井画門による「亜人」のアニメに関する情報、声優の情報、原作コミックの情報をまとめます。

作品紹介

決して死なない新種の人類<亜人>と、それを追う日本国政府。 両者の戦いを、斬新なアクションと緻密な心理描写で描く、大ヒットコミック「亜人」が待望のアニメ化!総監督・監督には、映像化が難解と言われた「シドニアの騎士」を、計算され尽くした映像表現と新感覚のバトル描写へと昇華させた、瀬下寛之と安藤裕章が担当。 脚本には「進撃の巨人」で原作の持つ緊張感や焦燥巻を見事に再現した瀬古浩司を迎え、亜人を巡る極限の戦い、魅力的なキャラクターたちの葛藤を余すところなく表現する。また、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」「PSYCHO-PASS サイコパス」など多彩な作品を手がける菅野祐悟の音楽が、物語に圧倒的な躍動感と緊張感を与える。そして、アニメーション制作は、アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞やエミー賞を連続受賞し、新技術を駆使して描いた「シドニアの騎士」も高い評価を得たポリゴン・ピクチュアズが担当。 充実の製作陣で贈る、緊迫のバトル・サバイブ・サスペンス大作。

スタッフ

原作:桜井画門
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
シリーズ構成:瀬古浩司
プロダクションデザイナー:田中直哉
キャラクターデザイナー:森山佑樹
美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納
造形監督:片塰満則
アニメーションディレクター:元田康弘
CGスーパーバイザー:岩田健志、菅井進、上本雅之、溝口結城
編集:渡邊潤
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

キャスト

永井圭:宮野真守
海斗:細谷佳正
佐藤:大塚芳忠
戸崎:櫻井孝宏
下村泉:小松未可子
田中功次:平川大輔
永井慧理子:洲崎綾
オグラ・イクヤ:木下浩之
中野攻:福山潤

放送情報

2016年1月より

原作コミック

亜人

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。――彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?

亜人(2) (アフタヌーンコミックス)

亜人(2) (アフタヌーンコミックス)

当局の管理下にない自由亜人・サトウ登場。人間との抗争を辞さないサトウは亜人の同志・田中と共に永井圭奪還を図り武装蜂起した!

亜人(3) (アフタヌーンコミックス)

亜人(3) (アフタヌーンコミックス)

既存の人類との共生か、それとも敵対か――。亜人となった永井圭が最初に接触を試みた同朋、「帽子」こと佐藤の正体は凶暴なテロリストであった。自分に凄惨な人体実験を行った当局の研究員の命をめぐって、永井圭は皮肉にも佐藤との全面対決に踏みきる。

亜人(4) (アフタヌーンコミックス)

亜人(4) (アフタヌーンコミックス)

不死のテロリスト・佐藤(さとう)たちの大規模テロにより、亜人の恐怖が全国に蔓延した。そんな中、亜人として全人類に追われつつ寒村に潜伏していた高校生・永井圭(ながい・けい)は、同朋の少年・中野攻(なかの・こう)とともに、佐藤を止めることを決意する。亜人管理委員会の戸崎(とさき)と手を組むことで、亜人研究の権威、オグラ・イクヤ博士に会い、下村泉(しもむら・いずみ)や管理委員会のメンバーとも関わることになった圭。激変する戦況の中で、佐藤との最終決戦が迫る!

亜人(5) (アフタヌーンコミックス)

亜人(5) (アフタヌーンコミックス)

不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭。その圭を仲間に取り込もうとして失敗した亜人テロリスト・佐藤は、在野の亜人に結集を呼びかけた。招集に応じた亜人たちに佐藤は人類虐殺を提案する。その計画に異を唱えた者は拘束、監禁されたが、ただ一人、亜人の少年・中野攻だけが、離脱に成功した。攻は佐藤の兇行を阻止するために、亜人の仲間を求めて、永井圭との合流を試みる!

亜人(6) (アフタヌーンコミックス)

亜人(6) (アフタヌーンコミックス)

不死のテロリスト・佐藤(さとう)たちの大規模テロにより、亜人の恐怖が全国に蔓延した。そんな中、亜人として全人類に追われつつ寒村に潜伏していた高校生・永井圭(ながい・けい)は、同朋の少年・中野攻(なかの・こう)とともに、佐藤を止めることを決意する。亜人管理委員会の戸崎(とさき)と手を組むことで、亜人研究の権威、オグラ・イクヤ博士に会い、下村泉(しもむら・いずみ)や管理委員会のメンバーとも関わることになった圭。激変する戦況の中で、佐藤との最終決戦が迫る!

亜人(7) (アフタヌーンコミックス)

亜人(7) (アフタヌーンコミックス)

不死のテロリスト・佐藤の凶行は第2ウェーブへと移行。亜人利権に浴する要人11人の暗殺を開始した。佐藤を止めるべく永井圭は亜人管理委員会の戸崎とその配下の戦闘集団と共闘することを決意。暗殺リスト11人のうち「フォージ安全」社長・甲斐敬一とその秘書・李奈緒美に狙いを絞り佐藤要撃を目指す。

亜人(8) (アフタヌーンコミックス)

亜人(8) (アフタヌーンコミックス)

亜人テロリスト・佐藤(さとう)が殺害対象に選んだフォージ安全社長・甲斐敬一(かい・けいいち)の警護のため、永井圭(ながい・けい)と戸崎(とさき)たちはフォージ安全ビル内に潜伏した。襲撃してきた亜人テロリストたちを一網打尽にするための作戦を仕掛けた永井圭。だが、そこに佐藤の姿はなかった。佐藤をおびき寄せる作戦にシフトし、圭は佐藤が現れるのを待つ。圭と佐藤の対決の時が再びやってくる。